スポンサーサイト

Posted by 世界旅行 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマも干す!柿も干す!

Posted by 世界旅行 on 29.2011 日頃のこと 4 comments 0 trackback
 チヨジ(母親)が実家の軒先にサンマを干しているらしい、去年の秋は柿を干して干し柿を作ってたくさん送ってきた、大雪が降っていて毎日雪かきで汗をかくらしい、近所のスーパーの抽選でツアーを当て横浜中華街と那須塩原と行って今度は山梨河口湖旅行を当てるらしい、雪が積もってるので今は畑いじりは休んでるらしい、オイルや尿素などを配合したハンドクリームを作って友達たちに好評を得ているらしい、、、
春になったら上京してハニーのご両親と会う日を設けます。それに合わせ色々と見て回る計画を立てていて、そのメールが一日と置かず届きます。タフなやつです。
スポンサーサイト

入校願書出ス

Posted by 世界旅行 on 27.2011 家具づくり 6 comments 0 trackback
 先日は職業訓練校に見学に行って実際の学校や工作室、機械類などを見てきました。私が行った回でも15人くらい他にいたので、この人たちがライバルなのだなと思い、数学の勉強のやる気がますます出ました。
現在の生徒の方たちが授業をしているのですが、若い人が多いですし女性も2割くらいいました。見学に来ている人の中でも女性が半分いましたので、現在の家具人気がうかがえます、あー負けたくないなー男にも女にも既に勉強を始めてる人にも案内してくれている学校の職員の方にも、負けたくないなーと思い、いろいろ頭を使って体を使って努力しようと思いました。

今日はハローワークに行って職業訓練校の入校願書を出してきました。
生活支援給付金というものをもらうつもりで申請を出すのですが、そのための志望理由書を書いて出しました。


☆なぜ、この訓練コースを志望しましたか?

実際の家具製作に多くの時限を充てるカリキュラム内容なので、家具製作のための知識と技術の“実力”を身に付けることができると思うため木工技術科を志望します。

☆今回の訓練でどういったことを身につけたいですか?

家具製作の知識と技術を学ぶのはもちろんのこと、木材や工具・図面の知識、管理のしかた、扱い方、家具の企画・デザイン、木材の仕入れから家具が買い手に渡るまでの全ての工程を学びたいです。

猫フィールドの限界

Posted by 世界旅行 on 26.2011 日頃のこと 0 comments 0 trackback
 

 寝てる猫を携帯で撮ろうとすると、腕を伸ばしてかなり近づけなければ猫を大きく撮れないのですが



 この写真もこのくらいが限界でした。この黄色い猫は公園にいたのですが、新聞紙の上に乗って寝ていました。
両者とも警戒してるけども、まだ身体はだらりとしている微妙な瞬間です。

友達の卒展

Posted by 世界旅行 on 22.2011 日頃のこと 2 comments 0 trackback
 今日は神奈川県、桜木町にあるBankARTで行われている、東京藝術大学美術学部先端表現科の卒業制作展に行ってきました。先端の人たちは主にメディアを用いたインスタレーション作品を作ります。
友達の女の子は映画作りで知り合った方で、2面スクリーンの映像作品を展示していて、良い作品だと思いました。八の字に向かい合っている左右のスクリーンで、お互い関連しているけど別々の、映画のように描写された映像が映されます。左右のものが頭の中で広がりや亀裂をもって受け取られ、何かしらを感じます。

急なことですが、この卒展は明日(1月23日)までなのですが、美術にご興味のある方はどうぞ行かれてはいかがでしょう?
作品数は50くらいあったと思います。BankARTの建物自体も洒落ています。

ラブホテル

Posted by 世界旅行 on 20.2011 日頃のこと 2 comments 0 trackback
 今はラブホテルとは言わずにブティックホテルなどと言うようですが、おととい正午にもならない時間からラブホに入り、8時間たっぷり汗をかいてきました!!

というのも、仕事場で風邪の検査をしたらインフルエンザと判明し早退することになったのですが、その日はハニーがお昼から友達を家に呼び、女子会を催す日だったので部屋に帰って寝込んでるわけにもいきませんし、平気なふりして参加してみんなにインフルをうつす訳にもいきません。この時間、ホテルはまだチェックインできないとなればラブホしかありません。駅で待ち合わせ、ハニーが着替えとお湯を入れた湯たんぽを持ってきてくれたので、万全の体勢でラブホ INしました。もちろん私ひとりでです。

ラブホ室内にバスローブが二着あったので使ってやろうと思い、早速着替え大きいベッドの右端の方にもぐりこんで寝ました。2時間後に汗びしょびしょで目覚め、二着目のバスローブに着替え、ベッドも濡れてるので寝る位置をベッドの真ん中にずらし寝入りました。2時間後に汗びしょびしょで目覚め、ハニーが持ってきてくれた下着に着替え、ベッドもびしょびしょなので寝る位置を左端に移動し寝入ります。2時間後に汗びしょびしょで目覚め、着てきた服に着替えて、ベッドの濡れてない場所に転がって時間をつぶしました。

男一人でラブホに入り、風呂を使ってもいないのにバスローブを二着びしょびしょにし、激しいエロをしたわけでもないのにベッドをびしょびしょにして帰ってきました。
帰りもなんとか家まで歩けましたから熱も少し良くなっていたのだと思います。インフルエンザを治すのにラブホテルはオススメです。

雪だ雪だー!

Posted by 世界旅行 on 16.2011 日頃のこと 2 comments 0 trackback
 私は今日は休みなのですがハニーは仕事なので玄関口まで送り届けたところ、ドアを開けたら雪が降っているのでワァと思いました。ここに越してきて初雪ですが、けっこうちゃんと降っていたので故郷を思い出しました(新潟)。
部屋の向かい岸の竹林にも降ります。今は葉も疎らになってますが、夏にはこんもりとした緑のかたまりが風に揺れることになります。映画「グリーン・デスティニー」でのチョウ・ユンファとチャン・ツィイーの格闘シーンを思い出し、自分も同じように部屋のベランダから竹の葉の上へ飛んでいく感覚を味わえます。


 私が行こうとしている家具の学校というのは職業訓練校の木工科のことなのですが、もうじき試験があります。科目は国語と数学と面接なのですが、三年分の過去問をやってみて数学がヤバイことになっています。
たとえば、

「A君とB君が1500m離れた地点から向かい合って同時に歩き始めると、10分後にX地点で出会いました。この2人の歩く速さをそれぞれ毎分25m遅くしたら、X地点から50m離れた場所で出会います。
このとき、歩くのが速い方のはじめの速さは毎分何mですか?」

という文章問題ができなかったのですが、、、いまこの文を書きながらやり直してみたらできました。
でも、いちいちAとBがこの速度の組み合わせの場合は50m離れた場所で出会うかどうか、と組み合わせのパターンをあげていって回答にたまたまたどり着くと言う感じなのです。連立方程式?みたいなのでピッと回答がはじき出せれば確実なのになーと思います。現役の中学生に解き方を教わりたいです。

美しい椅子

Posted by 世界旅行 on 14.2011 日頃のこと 4 comments 0 trackback
 先月行った栃木県は真岡の仁平古家具店で買った椅子です。
おとといAmazonから買った「美しい椅子3」という世界の木製名作椅子を紹介している本を見てみると、この椅子は「トーネット様式」というようで、オーストリアのミヒャエル・トーネットという人が木を曲げる技術を開発して作り上げた様式ということです。
椅子に歴史あり、ということでこの本には「椅子デザインの源流」という章が設けてあり、4つのルーツがあると書いてあるのですが、このトーネット様式はそのひとつとなっています。ちなみに他には、明式・ウィンザー様式・シェーカー様式ということです。
家具に関して本当に何も知らないなーと、こんな一冊の文庫本からも知らされます。知識を得るのは楽しいですね。まだ、机もたんすも戸棚もあります。
実際に所有して日頃使ったりすればその家具に関して身で知ることができると思いますが、家具をほとんど持っていなしですし、いままでいたる所にあった家具をぼんやり通り過ぎていたので、これからは目をパチッと開いておこうと思います。

先日行った渋谷のドトールの椅子がトーネット様式でした!と、今は言えます。

星を仰ぐ

Posted by 世界旅行 on 12.2011 日頃のこと 2 comments 0 trackback
 プロフィールに載せる絵をハニーが描いてくれました。小さくて分かりにくいですが、隣にいるのがブーという名前の猫でハニーの実家にいるかわいいやつです。いまクレパスで色をつけているので、じきにプロフィール欄にアップします。

はじめての家具

Posted by 世界旅行 on 09.2011 家具づくり 7 comments 0 trackback
 このブログは、「家具を作っては売り作っては売りをして家具の店をもち長生きする」という生き方に決めた私の家具作りの最初のはじめからを書いていこうという気持ちで開設したのですが、いままで家具に関しては一切書かず、日々の出来事ばかりを書いてきたのですが、やっと家具のことを書ける日がきました。

知識は学校に行ってから得ればよいのだ、どうせ教科書買うんだし毎日授業受けるんだし、体験だ体験、情報よりも体験!って思っていますが、それだからという訳でもないのですけど、はじめて家具を作りました。
台所のふきんを干して乾かす「ふきん掛け」です。35cmくらいの大きさで、流しの上の窓のさんに置こうと思って足に切り込みを入れて、さんを跨げるようにしました。その切込みをノコギリとノミで入れたのですが、ノミを左手に持ち金づちを右手に持ったら木をどうやって固定したらいいんだー?となります。あぐらをかいて股と足で木を挟み込み不安定ながらもノミを振るいます。まさかこんなやってノミをうつはずはないので、どうやるのか学校で教えてもらうのが楽しみです。他にも何ヶ所かどうやるんだろ?というところを力ずくでやっているので、教えてもらうのが待ちどおしいです。ネットで調べたり本を読めば学べることかもしれませんが、まだまだ学ぶよりも「コレどうやんだろ?」っていう、身体で知った疑問を貯めておきたい気持ちです。

木はケーヨーデーツーというホームセンターで買った赤松の板ですので、たぶん家具には向いていない、無垢の木材としては最もランクが下の木だと思うのですが、それでも紙やすりで擦るとつるつるになりますし、クリアラッカーという塗料で仕上げましたのでキラリと光っています。一番安い木でもこうなのだから、家具に適した良い木材を使うとどうなるのか早く作ってみたいですが、まだまだ技術がゼロですので木を駄目にするだけですね。

材料費と制作時間を考え合わせ販売価格を出すと、1万円を超えてしまうのですが、これが1万円で売れるとは思いませんので、今の段階では商売としてはこのふきん掛けは成立しません。制作にかける時間の効率化もありますし、材料の仕入れ値をおさえる方法もありますが、技術をつけてもう少し高額で価値のある家具を作り売ることができなければ個人の工房としては成立するのが難しいのではいかと、浅はかな読書知識で感じているところです。ですが私は、うん十万円もする机やキャビネットを作ろうとは思っておらず、まずは44000円の机を作れるようになりたいと考えています。その値段に見合う技術を身に付けたいです。

闇夜を照らす星☆

Posted by 世界旅行 on 08.2011 日頃のこと 2 comments 0 trackback
 クリスマス前から灯されたオーナメントは今も光っています。駅から家へ帰る道にあるカトリック教会の星は写真では小さくて滲んでいますが、この5倍ステキに光っています。
ずっと前に書いたのですが、短編映画を撮ったときにこの教会の敷地を借りなければならず、神父さまにお願いに行きました。決して派手なステンドグラスがある訳でもなく、とても立派なキリスト像がある訳でもないのですが、質素な時間が刻まれた感のある聖堂の厳かさが心に残っています。
いま、1850ページもあるゼクシィをめくりながら結婚式の知識を得ているところですが、教会で挙げる結婚といっても二種類あるのだなーと知りました。チャーチとチャペルと分けることができ、チャーチは私が行ったような日常的にミサを行っている教会で、チャペルはホテルや学校や結婚施設などにある教会ということです。ゼクシィに載っているイケイケの結婚式はチャペルでのもので、イケイケ度によって金額も上がるようですし、料理が輪を架けてイケイケなので3百万円などかかってしまうようです。
カトリックにしろプロテスタントにしろチャーチで式を挙げたいなーというのも、その厳かさを体験したかったり建築のムードに浸りたかったりというミーハーな気持ちですので、信仰心もないのに良いのだろうかと悩むところです。何かしらの信仰心はあるのですがキリスト教ではないですし、神様ということでもないですし、聖堂なんかに平気な顔して白いスーツみたいなのを着て立っていいのだろうかと思います。チャペルのイケイケに身をまかせるのが分相応なのかなーと思ったりもしますが、乗ってしまえば楽しいかもしれません。教会式だけではありません、神前式も人前式もあるのでした。
お星様、迷える子羊を導きたまえ。

ゼクシィ買った、腕もげた

Posted by 世界旅行 on 07.2011 日頃のこと 0 comments 0 trackback
ずっとテレビのない生活をしているので、ジャストナウなゼクシィのCMを見たことはないのですが、以前見たものによると、女の子と男の子が二人で一緒にゼクシィを買うというものだった気がします。いやむしろ男の子が率先して買って帰るという感じだった気もします。
先日、ゼクシィを買ってみて、「男の子が買う」キャンペーンの意図が分かりました。ゼクシィむちゃくちゃ重いんですよ!私の体感で言って、4kgですねコレは。女の子は売り場からレジまで持っていく間で挫ける重さです。
レジで清算を済ませると、紙袋やビニール袋ではない、しっかりした作りの袋に入れてくれます。この特製ゼクシィ袋でも、私は腕がもげそうでした。

波打ち際で、逃げる

Posted by 世界旅行 on 06.2011 日頃のこと 0 comments 0 trackback
 大洗の海岸の浜には鳥居が立っていて太平洋の波をかぶっているのですが、何らかの日本神様を奉っているような雰囲気があります。
ここの海岸は遠浅なのか、白く泡立った波が目の前の砂まで長く延びてきます。周りの人たちも降りているので、私とハニーも浜に降りて写真を撮ることにしました。広々とした海と空を背景にポツンと立っているふうに撮りたかったので、浜にハニーを立たせて私は8メートルほど後ろへ下がります。スチルカメラの露出、シャッタースピード、距離を合わせて撮影しようとしたところ、ハニーの後方で波がモワッと盛り上がります。その波が砂地に着地したとき、ハニーも何かを感じたのか後方を振り向き一瞬後こちらに駆け出します。白波が砂地をすーっと走りハニーを追いかけ追い越します。そしてハニーはブーツの中まで海水に濡れました。
私はハニーが駆け出した直後に逃げています。どこかの瞬間でシャッターを切っているのですが、波に追いつかれまいと走っているところが写っていればよいのですが、どうなっていることか。そもそも初めに逃げずに、ハニーが波の方を振り返って駆け始める瞬間を正面から撮影できていたら最高なのですが、そこで逃げ出すところがピューリッツァー賞が取れないゆえんなのです。

寝ている生き物

Posted by 世界旅行 on 03.2011 日頃のこと 2 comments 0 trackback
 大洗のアクアワールドという水族館に行きました。写真の生き物、爆睡しています。オットセイだったかアシカだったか判らないのですが、爆睡しているのでどっちでもいいです。鼻周りは犬みたいだねとハニーは言いました。もしかしたら犬だったのかも知れません。こんな風に寝ている犬、わたし見たことあります。

おおきいことはいいことだ

Posted by 世界旅行 on 03.2011 日頃のこと 0 comments 0 trackback
 雪で真っ白く覆われたとても広い公園に足を踏み入れると、そこは悪魔的な空気に満たされていて天空を覆うくらいにでかい像が何体も立っています。オリンポスの神々のようなギリシア神話に出てくるような像で、背中から羽根が生えていて、空の天辺まで伸びている羽根の先端がハラハラとほどけて鳥になって飛び散らばります。その鳥のなんと悪魔的なこと!
これは私が今まで見た夢の中で一番怖い部類のもので、もう10年以上前に見たものですが今でも憶えています。そのとき私は夢で腰を抜かしました。神的な(悪魔的な)ムードが支配する空間に入ってしまって、人間を超えた存在の怖さを知りました。夢で。

元日、ハニーの実家経由で牛久大仏を見に行きました。「出るぞ出るぞ」と車を運転している私にハニーが言います。出た!うわ!こえー!です。カーブに差し掛かったところで向こうの山の林が途切れ、大仏の上半身がズンっと現れます。事故ってもおかしくないほど怖いですが、かなりのストレスを感じながらも運転は全うしました。
ハニーが言うには、大晦日にはお坊さんが数人お経をあげるのに合わせ、大仏からレーザービームが数本延びてくるファンタスティックな演出がされるそうなで今度は大晦日に行ってみたいです。
境内に入って近くで見るとだんだん慣れてくるのですが、ある程度距離を取って遠くで見るときの怖さは格別です。それは大阪の太陽の塔もそうですが、街や山を異化する非常識な大きさが際立つからでしょうね。

私は大きいものに恐れがあると同時に憧れているのではないかと思います。
 HOME 

プロフィール

世界旅行

Author:世界旅行
家具を作って売り家庭を築きハニーと子供を作り育てあと50年は生きるつもりです。

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

好きな本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。