スポンサーサイト

Posted by 世界旅行 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手掛けイス」できました。

Posted by 世界旅行 on 14.2011 家具づくり 2 comments 0 trackback


 最初の課題のイスが出来上がりました。ブナという木を使っています。座面の模様というか色の入り方に気を使って、木取り(材をどの部分に使うか)をしました。木材自体の色でこうなっていて、赤みがある方が「心材」といって木の芯に近い方の材で、白い方が「辺材」といって外側の材になるのですが、その両方にまたがった部分の材を選びました。これを塗装コースに回して塗装してもらい、技能祭という文化祭のようなもので売りに出します。その値段驚くなかれ、1500円です。材料費にもなっていませんが、都立の訓練校なので利益はとりません。自分で買いたいくらいです。

この課題と同時に「小引出し」という小さいタンスのようなものを作り始めており、今日は「地板」という底にくる板を余った木端を集めてくっつけて(ハギと言います)、一枚の板に無理やりしました。数種類の機械を使い、まるで工場の作業員のように効率良く、捨てるような材から製品に使える板に変身させました。こういう技術を学べるのはありがたいです。機械にも慣れてきたし、今日は労働した気分です。
スポンサーサイト

気をつけろ!血が出ると痛いよ、泣いちゃうよ

Posted by 世界旅行 on 01.2011 家具づくり 5 comments 0 trackback


 昨日の授業中に親指をざっくり切ってしまいました。いままでちょこちょこ切ってはいたのですが、ざっくりいったのは初めてです。長台カンナというカンナで、木口削りというのやっていたところ指を切ってしまったのですが、まさかカンナをかけていて指を切るとは思ってもいませんでした。
学校では1週間前から安全週間というのをやっていて、生徒ひとりひとりが安全標語なるものを考えたのですが、その際に出た「突然は突然やってくる」というのを実感しましたし、「事故、カッコ悪い」というのも自分のことでした。
カンナは刃が髪の毛一本分しか出ていないということと、偶然、刃が爪に当たったということで大事には至りませんでしたが、左手親指の爪が半月状に剥がれめくれ上がりました。下の肉も切ったと思いますが、爪のおかげで肉を切ったのは少しだと思います。絆創膏で押さえ、爪と肉をくっつけて固定して、3日は外してはいけないといわれました。絆創膏だけの処置ですが、先生の経験を信じています。ちなみに、写真の人差し指の付け根の黒いのは、血豆の跡です。3週間くらいたちましたがなかなか消えないものです。
昨日は指がジンジンしていたので、野坂昭如の唄を(戸川純のバージョン)を歌ってました。じんじんじんじん血がじんじん、うーめもさくらもほころびて、じんじんじんじん血がじんじん~~~あなたもバージンわたしもバアジン、、バアジンブルウス~~
 HOME 

プロフィール

世界旅行

Author:世界旅行
家具を作って売り家庭を築きハニーと子供を作り育てあと50年は生きるつもりです。

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

好きな本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。