スポンサーサイト

Posted by 世界旅行 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっともっと色々感じたい

Posted by 世界旅行 on 31.2012 日頃のこと 0 comments 0 trackback


 新潟の十日町一帯で行われている大地の芸術祭にハニーと行きました。大地の芸術祭はトリエンナーレなので、3年に一度の開催で、3年前もハニーと行きました。今回はそのまま実家に帰り、遅い盆休みでお父さんの墓参りに行きました。ニコニコレンタカーで借りた1500ccの車で、120キロ以下では走らないというspeedで、外環道、関越道と4時間ひた走りました。
十日町、最初に行った農耕文化村センターの入り口で写真のブルドックがいて、これはいい質感と思います。木を彫った彫刻で、大きさは米俵二個分くらい。作者の名前は確認してませんが、なかなか良いではないかーと気分がよくなりました。

SDIM0194.jpg

 そして夜は、今回のメインであるニブロールの「see/saw」というダンスを見に倉俣地区へと車を走らせます。
地域の子供たちも巻き込んだ作品で、ダンサーのダンスより子供たちの初々しさに目がとまります。何かを表そうとする、抽象的なものを描こうとするダンスより、それそのものの方を私は見たいです。ダンスであれば、動きそのものに魅力がなければ頭でっかちな意味ゲームにしかなりません。序盤はそんなニブロールでしたが、途中公演場所を近くの神社へと移動するという演出があり、田んぼのあぜ道を地域の大人たちが神輿を担いでお囃子と踊りで練り歩くのに続いて、観客も歩いていくのですが、私とハニーは神輿を追い越し、踊り歩く列の後ろにうついて行きました。後ろには神輿が迫り、暗いあぜ道をたらたら歩いていくのはいい感じでした。
神社に着くとパソコンから出力される照明に皆がどよめきます。社の輪郭を縁取るようにピカピカライトが放たれ彩られます。ブワーと光の輪っかが生まれて集まり空に飛んでいきます。ダンサーの動きに呼応して照明が生きているように神社一体を上塗りします。家財道具や車やバイクなど、去年の津波で流された物の影絵が左から右へ流れていきます。開演冒頭でも、震災当時のことを日記にした文章を子供たちに読ませるという演出もしてあり、明らかに震災を表現のモチーフにしています。四人の女の子ダンサーが包帯を巻いた、血を出したような生きているとも死んでいるとも分からない不吉感の中で、「イエィ!」「イエィ!」「一緒に!」「一緒に!」「行く?」「行っちゃう?」と無理やりな楽しげなヒステリックな声を上げ、ずっと境内を動き回ります。そして行っちゃっておわりました。
ハニーは亡くなった女の子たちが向うの世界へ行くときの感じが、不吉な感じがした、と言いました。私はAKB48のライブのような感じがしてたので、色々感じ方が違って面白いねとハニーが言いました。二人とも満足して、この後21時から始まる「ライフ・スペンズ・ライト」という映画を見に十日町市街の映画館まで車を走らせねばなりません。今日という日は長いぜ。
スポンサーサイト

うちのテーブルは甘いよ

Posted by 世界旅行 on 14.2012 日頃のこと 0 comments 0 trackback


 テーブルに蜜蝋とカルナバ蝋とテレピン油を混ぜて作ったワックスを塗ったときのこと、アブみないな虫がとまりテーブルを吸っています。
 この蜜蝋とカルナバ蝋はでイスタンブールで買ったもので、日本に帰ってきてもまた買えるように、向うの店の人に「日本から買うからよろしく」と言って連絡先を教わってきました。他にシェラックも買ってきて、これからこの3つは困らず良いものが手に入ると思ってましたが、何度かのメールのやり取りが面倒になったのか、私のでたらめな英語に耐えかねたのか、話が流れてしまいました。また買えると思って蜜蝋を盛大にブレンドしたからワックスが大量にできたけどそうそう使い道がないです。
カルナバ蝋を入れすぎたから蜜蝋とテレピン油を大量に入れて薄めなきゃいけなかったんだなー。映画のフィルム缶に入れて冷蔵庫で保管してます。キンキンに冷えてます。

貧ぼっちゃまは後ろから見るのが乙だね

Posted by 世界旅行 on 09.2012 頭の中の世界旅行 0 comments 0 trackback


 会社に入って4ヶ月、もう色々な特注家具をひとりで作らせてもらっています。写真は下足箱で、他にファミレスにあるドリンクバーとか置いてある台とか、マンションのリノベーションのキッチン台とか壁面収納とか・・・週に一個は特注家具というものを任されるペースになってきました。
私がいるのは、特注家具・店舗什器という種類の家具を作る会社でして、家具業界の商売の中心となっている仕事です。店舗什器というのは、デパートや駅ビルやチェーン店や個人店などの商業施設の、収納やら飾り台(棚板とか)やらレジ台やらカウンターやら柱やら壁の羽目板やら巾木やらetc.を指すようです。
お店は潰れます。そして新しく生まれ変わります。お客が来るように売り場を模様替えします。でも潰れます。
特注家具屋というのは、店が潰れるから商売として成立している業界です。聞いた話ですが、テレビを作る工場で働いている人が、テレビは壊れるように作っていると言っていました。一度売れたらもう売れないでは、業界として永続できません。店舗什器は数年後には壊される運命にある家具です。または数ヵ月後に。
さっき風呂に入っていて気づいたのですが、店舗什器は作られる最初から設置される場所が決まっています。図面で決まっていて、どちらが正面を向き、どちらが壁と接するかが最初から分かります。だからなのかどうなのか、仕上げるのは正面だけで、裏側はベニヤむき出しで、マジックでメモなんか書いてあったりもします。それは個人のマンションのリノベーションでもそうで、高級マンションであれ据付家具というものは見えるところだけキレイだと言って間違いないでしょう。「おぼっちゃま君」の貧ぼっちゃまは後ろ側はむき出しでケツ丸見えですが、特注家具の後ろ側は、納品して取り付けする場にいる人しか見ませんからむき出しのままで、材料費も労務費もかけずに、安く抑えることは商売として当たり前のことです。やっぱり家具とはおもえないんだよな~と、思ってきましたが、さっき風呂に入っててはっきり分かりましたが、店舗什器(特注家具)は家具ではありません。什器です。「家具」とは置く場所も見る方向も買った人の自由で、どこから見ても恥ずかしくなく仕上げてあるものなのだと、さっき風呂に入っていて分かりました。やっぱり風呂は偉大です。
そして数年後に壊される運命にないもの、100年先の存在を夢見られているものが木で作られる家具なのだと思います。もちろん私とハニーはそういう家具を作っていきますが、家具業界で生きていけるタフネスさも必要だとわかっています。だから私は今の会社が好きです。
 HOME 

プロフィール

世界旅行

Author:世界旅行
家具を作って売り家庭を築きハニーと子供を作り育てあと50年は生きるつもりです。

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

好きな本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。